2006年10月12日

複利のすごさ


複利で運用するとそのすごさが実感できると思います。

分かりやすい例で貯金で説明してみます。

お金を貯めるうえでとっても重要なのは、利率ですよね。
数字が大きいほうがいいに決まっていますね。

外貨預金の利率が1%だとか、投資信託の利回りが5%あったとか、
いうやつです。

当然、この利率が高ければ高いほど有利だってことは、誰でも知っています。


でもね。利率の差がどれだけお金の増え方に影響しているかを
知っている人って結構少ないんですよね。


例えば、3%の利率で100万円を預けたとしたら、
何年後に倍の200万円になるかってすぐわかる人います?


は〜い♪って言われると話が終わっちゃうので続けますね(笑)。


さらに聞きます。
暗算でできる人っています?


またまた、は〜い♪って言われると話が終わっちゃうので続けますね(笑)。


実はエディは暗算できます!


ポクポクチ〜ン!


答えは24年後です。ちょっと自慢。。。


でもね、複雑な計算式じゃなく、じつはこれ皆さんも暗算でできるんですよ。


知っている人は知っている。
知らない人は知らない。
当たり前ですね。


「72の法則」って知ってますか?


72÷金利=2倍になるまでの必要年数


72の法則といって、72をその金利で割ってあげると
元本が2倍になるのに必要な年数とほぼ等しい数字が出てくるのです。

先程の3%の例ですと、72÷3(%)=24(年)になるわけです。
6%の場合だと、  72÷6=12年
12年で2倍になり、ちなみに24年後には4倍の400万円です。
9%の場合だと、  72÷9=8年
8年で2倍、16年で4倍、24年後にはなんと8倍の800万円になっているのです。

すごいですよね〜。
なんか話してるだけでニコニコしちゃいますよね〜。


ちなみに今の金利0.02%にだと倍になるのはいつになると思います?
答えは3600年後です。

ぽか〜ん。。。。。

四捨五入して4000年ですよ。
中国4000年の歴史になっちゃいます(笑)。

だから、ただ預金しているだけではいつまで経っても増えないんです。


最後をかの有名なアインシュタインが残した言葉でしめたいと思います。

「人間の発明した仕組みでもっとも驚くべきものは複利である。」


アインシュタインも、利息が元本に組み入れられて
再運用される複利の効果を高く評価していたんですね。

借金したときに使う「雪ダルマ式に増える」というのも複利
表す典型的な言い方ですね。

だから、貯金も借金も複利で運用するとすごいんです。
posted by エディ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 複利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。